「大谷石材店」は茨城県潮来市の墓石・石材専門店|加工から設計・施工まで一貫体制で標準耐震施工|潮来市・行方市・鹿嶋市・神栖市・香取市実績多数

 

お客様からのご意見

 

木内様からのご意見

木内様からのご意見
 
施主としてお墓造りを検討している方々に是非読んでいただきたいと思います。
私は40代男性です。去年、妹を病気で亡くしました。妹は嫁いでいましたが本人と生家の要望で分骨しました。墓地区画は以前に購入してありました。一周忌を迎える妹のためにお墓を建てなければと思い、数社石屋さんに足を運びまた、知人等にも話を聞きました。姉の同僚が大谷石材店さんを薦めているから、一度大谷さんの所に行ってみれば、と言われましたが地元にも石屋さんはあるし、建てた後も何かあったときは近くの石屋さんのほうが頼りになるから、わざわざふたつ隣町の石屋さんに頼まなくても…と躊躇していましたが、姉の薦めもあり、会うだけならと会ってみることにしました。
大谷石材店さんの展示場に出向き、大谷さんに自社一貫性の事や写真や資料で施工手順を親切に説明していただきましたが、その中に基礎工事の際に行う杭打ち(パイル打ち)についての説明がありました。東日本大震災の事もあり、お墓を建てる上で絶対条件として考えていた杭打ち作業が基礎工事に含まれると言う事でした。私はこの一工程だけをとっても、この石屋さんは丁寧な仕事ぶりじゃないかな?と思いました。
実は私の祖父は鳶職人の棟梁をしていました。祖父は、お客様から見える所だけをキチンとすればいいんじゃない!自分たちの仕事は終わった後(引き渡した後)数年、数十年経った時に初めて評価される仕事だから、見えないところまでも手を抜かずにキチンとこなさないと駄目だ!と言っていたことを思い出しました。そのような思いもあり、ひとまず大谷さんにお墓造りを依頼することにしました。
今思い出しても一番苦労したのはデザインでした。大谷さんがデザインしてくれたのは和型の外柵としては素晴らしいデザインだと思いますが、自分が想像していたデザインとはかけ離れたものでした。せっかくお墓を建てるのですから自分でデザインしたいと思い、打ち合わせを何度も重ねました。
ところで、私逹の世代ははガンダム世代と呼ばれています。デザインを考えていくなかで、アニメの機動戦士ガンダムに出てくるホワイトベースが頭に浮かびました。ホワイトベースという船は正面から見るとスフィンクスに似ています。スフィンクスは神聖な存在ですので、自分の兄妹が仏となりある意味神聖なものとなったと…自分の中に重なる部分もあったのかもしれません。
紆余曲折ありながらも石塔・墓誌・彫刻は姉や母の意見を中心に決め、灯篭は自分の思い入れのあるアニメキャラクターを基にデザインを考えました。このような無茶苦茶(?)な事を言っても大谷さんは一生懸命考えてくださいました。
ここに書いた事はほんの一部に過ぎませんが、最初から最後まで無茶を言っても大谷さんは本当に親身になって叶えてくれました。
これが職人魂なのか?それとも馬鹿が付くほどのお人よしか?判りませんが、今は自慢のお墓が出来、本当に大谷石材店さんに依頼して良かったと思っています。
大谷さんを紹介してくれた姉と大谷石材店さんに感謝しています。本当にありがとうございました。
(本文は一部修正、省略して掲載しています)
<<有限会社 大谷石材店>> 〒311-2415 茨城県潮来市延方4828 TEL:0299-66-4381 FAX:0299-66-0315